気持ちを新たに仏壇修理プロ専科のお仏壇修復・洗い

岩田宝来屋では、御仏壇の修復、修復、リフォームを承っております。 代々受け継がれた大切な御仏壇、丁寧にお手入れをされていても、歳月の流れによる経年劣化は避けられません。岩田宝来屋では、京都亀岡の自社工場で熟練の職人による、技術と万全の品質管理で、御仏壇の修復に取り組んでいます。

Before(修復・洗い前)& After(修復・洗い後)

  • Before
    Before
    After
    After
  • Before
    Before
    After
    After

仏壇修復・洗いサービス料金

価格はあくまで目安です。痛みの程度により金額の上限があります。
詳しくは無料相談にて現物の写真をお送りください。

お仏壇 総修復・洗い

胴幅

傷みの状態により金額は上下します。彫物の欠損や障子の組子が無い等で有れば+10万程。逆に傷みが余り無く全体的に修復する必要が無ければ-10万程です。

15号 胴幅45㎝の台付仏壇の場合 30万円~
16号 胴幅48㎝の台付仏壇の場合 32万円~
18号 胴幅54㎝の台付仏壇の場合 36万円~
20号 胴幅60㎝の台付仏壇の場合 40万円~
25号 胴幅75㎝の台付仏壇の場合 50万円~

お仏壇 部分修復・洗い

唐木仏壇のお洗濯

唐木仏壇は年数が経ってくると、艶が無くなりくすんだように見えます。御仏壇を解体し、ヤニや煤の付着した汚れを除去します。また、板の割れや傷のついた部分を修復していき、背面の金紙を貼り直し、障子の張り替え 全体的に塗装等の仕上げをし、新品同様に甦らせます。

  • 障子

    障子の紗を張り替えた事により、全体が引き締まりました。

    段廻り、金紙等

    背面の向板・側板の金紙を張替える事で、お浄土の輝きを取り戻しました。段廻りの傷も補修後に塗装し、自然な風合いに仕上げていきます。

  • 表面塗装、金具

    表面の艶の違いがはっきりと分かります。金具も調整後、色を付け直していきます。

    金箔の押し直し

    経年劣化により、剥がれた漆箔も元通りに。

仏壇修復・洗い 事例紹介事例一覧

こだわりの修復・洗い作業の流れ(金仏壇の例)

一般の業者 仏壇修理プロ専科こだわりの修復・洗い
見積もり
1簡易無料お見積もり

お気軽に無料見積フォームより、サイズと写真をお送りください。まずは概算でお見積もりさせていただきます。

2修復提案のための点検・本見積り

お送り頂いた写真だけでは詳細が分からない場合、お宅にお伺いし、写真撮影、採寸後傷み具合を確認していきます。

預かり
3ご契約・お預かり

御仏壇の傷み具合や品質を見極めたうえ、最適なご提案をさせて頂きます。運搬中に傷がつかないように丁寧に梱包し、お預かり致します。

簡単な補修
4解体・油洗い

取れにくい汚れを落とす為、解体し金具も全て外していきます。金箔部分のヤニの汚れ等を特殊な薬品で洗い、日陰で充分に乾燥させます。

5木地修復

反りや痛みの激しい部分は新たに作り替え交換していきます。
塗りが剥がれかけている部分を除去し、木地面を平らにして木地を調整します。

6漆塗り

木地調整後、ヘラを使って下地を作り、中塗りを数回、上塗りと丁寧に仕上げていきます。

7金箔押し

金箔を各部分、彫部分にムラなく押していきます。

8彩色

彫部分に極彩色で色を付けていきます。金箔押しの部分は淡彩色にしたり、彩色の方法が異なり、仕上がりも変わります。

9総合組立・金具打ち

各職人さんより仕上がったパーツを組み立てていきます。ホゾの調整、金具打ち 正確さが要求される作業です。

納 品
10納品・アフターフォロー

納品の際は養生し、細心の注意で設置させていただきます。納品後のアフターフォローサービスも対応しています。