気持ちを新たに仏壇修理プロ専科のお仏壇修復・洗い

お仏像はおうちの宗派の本尊、すなわち信仰の対象そのものです。お仏壇と同じく代々継承していくものです。ただ、お仏壇と違い、修復の仕方は様々あり古さを活かす古色修復や往年のお姿に戻す新調修復などがあります。お仏壇同様、傷み具合やお仏像そのものの品質構造にもより修復内容(修復方針)は変わってきます。そのお仏像にとって、又、そのお家にとって最適な修復を御提案致します。

新調修復

現状の漆箔層を全て剥し取り、各矧目を全て解体し木地修復を行う。新たに漆箔及び彩色を施し、開眼する。
御仏像が製作された当時のお姿に戻す修復です。

  • Before
    Before
    After
    After
  • Before
    Before
    After
    After

古色修復

欠損・欠落箇所を同材で補強し、漆箔を施した後、古色彩色により、永年、礼拝されてきた御仏像の古美を尊重した修復です。

  • Before
    Before
    After
    After
  • Before
    Before
    After
    After

仏像修復・洗い 事例紹介事例一覧

こだわりの修復・洗い作業の流れ

一般の業者 仏壇修理プロ専科こだわりの修復・洗い
見積もり
1簡易無料お見積もり

お気軽に無料見積フォームより、サイズと写真をお送りください。まずは概算でお見積もりさせていただきます。

2修復提案のための点検・本見積り

お客様のお宅にお伺いし、全体や細部の写真を撮影し、採寸を行い、損害状況を確認します。

預かり
3ご契約・お預かり

お仏像にとって最適な修復方針をご提案し、しっかりとお預かりします。

簡単な補修
4木地修復

欠けている部分を同材にて新補し、復元していきます。

5漆塗り

木地修復で新補した箇所及び割れている箇所、継ぎ目を下地で補強した後、中塗り上塗りで漆を塗ります。また、箔を押す箇所を塗り分けていきます。

6金箔押し

漆塗りをした箇所を金箔で押していきます。

7古色彩色

金箔押しした箇所を彩色で色合わせをして自然な風合いになるように仕上げていきます。

8組立

台座・光背の傾きや仏様が垂直に立たれるように最終調整して組み立てていきます。

納品
9納品・アフターフォロー

お客様のお家までお伺いし、ご安置までお手伝いします。